スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10周年です。

6月26日(土)

Hearts Sports Boxing 設立10周年を迎えました。

それを記念して、飲み会を行いました。


最近、入会された方や設立以来から、来てくれる方が参加してくれました。


10年・・・いろんな事がありました。

いろんな方と出会いました。


STAFF・会員さん等、出会った方々全員に感謝です。

ぶっちゃけた話、「自分の力で動かしてる」・・・そんな偉そうな時期もありました。

でも、10年目の今年・・・

10年も続けれるのは、「通ってくれた方がいるから」そんな方々に支えられてるんやって事に気付きました。


本当にありがとうございます。


これから、15年・20年と続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


スポンサーサイト

ついに完成

ついに完成しました。




2年間かけて、作成したボクシングDVD




苦労しました・・・・。




後、いろいろな手続きが完了したら発売です。



自分でも、最高にいい出来栄えと思っています。



講座でしているトレーニングをDVDにする事に非常に苦労しました。




画期的なDVD誕生です。



完成次第HPにアップします。



ぜひ、見てみてください。



本領発揮??

辰吉さんの速いジャブをもらい続ける俺・・・


「くそっ!! いくら4回戦の下っ端とはいえ、同じプロ同士、負けてたまるかいっ!!」


"憧れ"の気持ちを捨てないと怪我する。


やるかやられるかや・・・


そんな風な気持ちになりました。

1Rの半分が過ぎた頃に、なんとなく辰吉さんの動きに少し慣れてきました。


自分の動きが大分出せるようになり、俺のパンチが辰吉さんの顔面に当たりだします。


「あれ? 俺のパンチこんなに当たるのおかしくない?」ってぐらい当たりました。


他の選手が辰吉さんとスパーリングするため、僕は2Rで終了。


終わった頃に、「みんな元気え~~わ」と辰吉さんが言ったので、「今日、調子悪かったんですか?」と尋ねると、「風邪ひいて、熱38度あんねん」


・・・・マジっすか?


確かに鼻声や・・・


そら俺のパンチ当たるわ・・・。


ま、憧れの辰吉さんとスパーリング出来たことに満足ッ!!


そして、帰りの辰吉さんとの会話



「今日はありがとな~。また頼むわな。」


「はい。ありがとうございましたっ!! また風邪引いてる時お願いします!!」(深々と礼)


21歳 夏の出来事でした。


次回は、WBC世界バンタム級チャンピオン 長谷川穂積君との出会いです。






いよいよスパーリング開始!!

辰吉さんに挨拶をした僕は、着替えて一階のリングへ行きました。


リングには練習生がたくさんいましたが、辰吉さんがバンテージを巻いてリングに上がると、全員降りて、辰吉さんのシャドウをピッシ~って直立で見ていました。


ジムの外にもギャラリーがいて、中をのぞいています。


ジムの隅っこでシャドウをしていると、


辰吉さん  「リングでアップしいや~」

と声をかけてくれたので、リングでアップしました。


2、3Rウォーミングアップしてから、いよいよスパーリングです。


ヘッドギアを付け、再びリングへ・・・


すっごい緊張したけど、すごいワクワク感もありました。

「カ~ン」

1R始まりのゴング。


辰吉さんと向かいあった時、いろんな事が思い出されました。

高校生の時、初めてボクシング(辰吉さん)の試合を見に行き、握手して貰った事。

辰吉さんのポスターを部屋に貼り、毎朝「行ってきます」と礼をしてた事。


そんな事を思っていた瞬間、


「ビシッ」

俺の顔面に辰吉さんのジャブがヒット。

いかんいかん、スパーリングに集中しないと・・・。


再び、「ビシッ ビシッ」


速い 速すぎる・・・。


辰吉さんのの白いグローブが俺の血で赤く染まっていきます。



次回につづく


大阪帝拳ジムに到着。

辰吉さんとスパーリングをしたのは、1995年震災があった年の夏でした。


当時、辰吉さんは名古屋のレインボーホールで薬師寺保栄との試合後、ラスベガスで復帰戦をして帰ってきたぐらいの時でした。


午後1時に大阪帝拳ジムに集合との事でしたが、チャンピオンより先に行くのが礼儀と思い、早めに自宅を出たのですが・・・・。


ジムの前まで来たら、玄関先に辰吉さんの車が・・・。



「うわっ・・・もう来てるやん・・・」


急いでジムに入り、挨拶をし、更衣室に行くと・・・


「あれ?辰吉さんおれへん・・・。どこいったんや?」


その時・・・背後で音が・・・


「カチャ」

後ろを見ると、メンチきりながら体重計に乗っている辰吉さんが・・・


うわっ・・おった。イ、イカツ過ぎる。


ウエイトコントロールがうまくいってないのか、機嫌が悪そうな顔でこっちへ来ました。


「こ、こんにちは。あの、今日スパーリングさせて頂く三好です。よろしくお願いします。」

「お~遠い所までワザワザごめんな~。よろしく頼むわ。」

「は、はい」


次号につづく



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。